アラフォー理系オヤジがマラソンにハマるとこうなる

運動音痴でガジェット好きのアラフォー理系オヤジランナーがランニングに関する日常を綴るブログ。横浜マラソン2016でPBを大幅更新し今シーズンはサブ3.5を目標に活動中。

激遅 古河はなももマラソンレポ 〜スタート前編〜

古河はなももマラソンの結果については、すでに投稿した記事の通り。

 

shirokuma-papa.hateblo.jp

 

今季の勝負レースでのDNFという結果に、レースレポートを書く気にもなれなかったのですが、ようやく気持ちの整理もついて次に向けて切り替えることができたので、今更ながらレース当日を簡単に振り返っておこうと思います。

(内容としては完全に賞味期限切れなので、ほぼ自身の備忘録として)

 

-----------

レース前日はいつもの様に子供と一緒に21:30に就寝。当日の起床は4:30前でしたがにスッキリ目が覚めました。ガッツリ7時間寝てるし。

最近はレース前日に気持ちが高ぶって寝られないということがあまりなくなってきました。ちょっとはレース慣れしてきたということかな。

 

時間には余裕があったので、ゆっくりストレッチと朝食を済ませて、6時過ぎに自宅を出ました。

行きの電車は6:33品川発の上野東京ライン。事前にモバイルSuicaでグリーン券を購入してホームの待ち列先頭で待っていましたが、電車が品川に到着した時には既に普通車もグリーン車も満席。

愕然としつつも、途中で降りる人がいる事を期待してグリーン車2階席の真ん中辺りに立ちましたが、車内を見渡すと乗客のほとんどがランナーと思しき人ばかりなので、席があくことはほぼ諦めていました。

が!何という幸運か、東京駅でただ一人、ぼくが立っていたすぐそばの乗客が席を立ったのです!

MacRunさん (id:MacRun) から

座れて良かったです!
しろくまさんに天使が降りてきましたね
頑張ってくださいね

という激励メッセージをいただき、今日はツイてるぞ!と少し気持ちも上がって来ました。

 

座席で一息ついて、30分ほど過ぎたところで少しエネルギー補充。持参したバナナとおにぎりを口にしました。

ところがその直後から急に腹痛が。まさかこのタイミングでか!

車内は通路まで人で一杯で、トイレまで移動して車内で用を足せる状況ではありません。これはもう古河駅に着くまで耐えるしかない。

 

寄せては返す腹痛の波をやり過ごしながら、7:40頃古河駅に到着。

すぐに階段を駆け下りてトイレにダッシュしたいところですが、ホーム上は既に大渋滞で全然動かない。下に降りるまで10分くらいはかかったでしょうか。

改札を出て、会場とは反対の出口側にあるコンビニへ駆け込みましたが、トイレには既に7, 8人の列が。

10分以上かかってようやく用を済ますことができました。(完全な下痢でした。お食事中の方、すみません。)

この先腹痛がぶり返した場合に備えてコンビニでストッパ(下痢止め薬)を探すも置いておらず。

 

駅に引き返すと人の波はすっかりはけていていましたが、5分ほど歩いてバス乗り場付近まで来ると、また行列が出来ていました。

ここでまた20分ほど待ち。バスに乗って移動する時間も20分程で、会場につく頃には既に9時を回っていました。

かなり余裕を持って家を出たのですが、結果ちょうど良かった様です。

 

会場についたらすぐさま受付へ。ゼッケンと参加賞を受け取ったら、受付付近の広場にシートを敷いて急いで着替え。

時間に余裕がないので、安全ピンでゼッケンをつける作業がもどかしい。やっぱりこの規模の大会ならゼッケンは事前送付にしてほしいなあと思ってしまいます。

 

そうこうしているうちに、ぼくより1時間近くあとの電車で到着した友人と合流。 軽く雑談した程度で荷物を預け、慌ただしくスタート地点に向かいました。ともかくスタート前に会えて良かった。

途中トイレによって、結局スタート地点についたのはスタート5分前。

 

あっという間に号砲が鳴り、 心の準備をする間もなくレースがスタートしました。

 

続きます。