アラフォー理系オヤジがマラソンにハマるとこうなる

運動音痴でガジェット好きのアラフォー理系オヤジランナーがランニングに関する日常を綴るブログ。横浜マラソン2016でPBを大幅更新し今シーズンはサブ3.5を目標に活動中。

体重が…

体重がいよいよヤバくなってきた。

 

と言っても世間一般とは逆の悩みでして。体重が減りすぎて困っているのです。

 

特別長い距離を走り込んでいるわけでもなく、食事も量という点では特に制限せず好きなように食べているにも関わらず、気がつくとじわじわと体重が減っている。

かと言ってドカ食いなんてしてしまうと、また胃腸の調子を崩してしまう。

 

ランナーにとって体重の少なさはアドバンテージだけど、さすがにこれは喜んでられる状態ではないと思い始めました。

 

ランのパフォーマンスを落とさずに体重を増やすには、やはり筋肉をつけるしかないですかね。

食事は良質のタンパク質を多めに摂ることを心がけて、主に体幹部の筋トレを継続的にやろうかなと。かといって無駄な筋肉はつけないように注意。

 

ぜいたくな悩みだ!と怒られてしまうかもしれませんが、ヤセにはヤセの悩みがあるのです。

 

 

そういえばこの前、小2の息子のクラスメイトの女子たちが

 

「おとうさんたちってどうしてみんな太ってるのかねー?」

「ほんと、うちのお父さんも太ってるよ」

 

なんて話をしていたそうで、

「あ、でも○○くん(うちの息子)のお父さんやせてるよね!」

と話題にあがっていたらしい。

ぼく自身はその子達とほとんど面識はないんだけど、しっかりヤセ男として認識されてしまっているようです。