アラフォー理系オヤジがマラソンにハマるとこうなる

運動音痴でガジェット好きのアラフォー理系オヤジランナーがランニングに関する日常を綴るブログ。横浜マラソン2016でPBを大幅更新し今シーズンはサブ3.5を目標に活動中。

【レポ】葛西臨海公園ナイトハーフ 〜ガミちゃん235ラストラン〜

6/10に走った葛西臨海公園ナイトハーフマラソン。サクッと振り返ります。

 

-----

この大会を知ったのは、はてブロランナーのツユダクさんの記事を見たのがきっかけ。

 

tuyudaku1218.hatenablog.com

 

ちょうどオフシーズンに気軽に参加できるハーフのレースを探していたところで、家からも近いし、夜のレースというのも面白そうということでエントリーしました。

(このずぶ濡れのくだりに惹かれたわけではないです。はい。)

 

当日の昼間になってようやくグーグルでルート検索すると、家から葛西臨海公園までは何とドアtoドアで30分という近さと判明。

16:30ちょい前に家を出て、レース開始一時間前の17:00には現地に到着しました。こりゃ楽だ。


f:id:shirokuma-papa:20170611152203j:image


f:id:shirokuma-papa:20170611152229j:image

 

受付場所は、公園の一番奥にある広場のテント。すでにたくさんのランナーが集まっていました。


f:id:shirokuma-papa:20170611152328j:image

さくっと受付と身支度をすませ、貴重品(スマホと財布)を預かってもらいました。貴重品預かりは別途100円必要。

 

動的ストレッチと軽くアップをしたらもうスタート10分前。流れに任せてスタート地点に移動したら、何故か最前列になってしまっていました。すみません(笑)

 

コースはこんな感じ。

f:id:shirokuma-papa:20170612214504p:plain

1周約5キロの周回を4周し、1周目のみ少し長めに走ります。この直線区間が思ったよりも長く、心理的には結構こたえる感じです。

 

この日のコンディションは、例によって宿便によるお腹パンパン状態に加えて、水曜にやった閾値ペース走の疲労がだいぶ残ってしまっていて、記録を狙うにはちょっと厳しい状況。

それでもこの状態でどこまで走れるか試してみたく、頭からキロ4:30ペースで行けるところまで行ってみることにしました。

1周目

何故か最前列スタートになってしまったので、まずは端っこによって早い人達をやり過ごします。こんなところにいてすみません。すみません。

ろくに下調べもせず勝手にフラットなコースだと思い込んでいたのですが、園内は適度にアップダウンのあるコースであることが判明。こういう感じは嫌いじゃないですよ。

スタート前は陽も陰ってだいぶ涼しく感じていたのですが、少し走るとはやくもじんわりと汗が。やはり蒸し暑い。

4:30 を少し切るくらいのペースで走って行きましたが、3キロを過ぎたあたりで既に脚がパンパン。こりゃ最後までとても持たないわー、と思いつつ1周目終了!

〜5Kmラップ

4:24 - 4:22 - 4:23 - 4:32 - 4:30

 

2周目

既に10キロくらい走り終えた様な疲労感。ハーフってこんなにキツかったっけ??

早くもキロ4:30がキープできなくなり始めます。

そしてやっぱり暑い!直射日光こそないものの、蒸し暑さで体力は結構うばわれます。給水所はコース上2箇所あり、2周目以降は毎回水分摂りつつ首から水をかけてしっかり冷やしながら走りました。

ハーフで水かけながら走ったのは初めてですが、かけると大分楽になったのでそれだけ熱をもらっていたということでしょう。

6〜10Kmラップ

4:28 - 4:35 - 4:35 - 4:33 - 4:48

 

3周目

暑さに加えて脱力感が。こんなこともあろうかと思って念のためポケットに忍ばせていたスポーツようかんを2回に分けて摂取。脚は相変わらずキツいですが体のダルさはかなり持ち直しました。

ラスト1周に入ったらここでジョミが待ってる。そこまで踏ん張れ!と言い聞かせて走ったけど、悲しいかな脚はどんどん重くなる一方。

それでも、周りのランナー達もキツかったのか中盤以降も後ろから来た人に抜かれることはあまりなく、ちょっとずつ順位を上げる展開ではありました。この点はまあまあよかったかな。

給水所ではもう時間をかけざるを得ない状態でした。

11〜15Kmラップ

4:30 - 4:40 - 4:43 - 4:35 - 4:55

 

4周目

いよいよラスト1周。満を持してここでジョミ投入!効いたのか?よく分からなかったです。

この時間になると陽も完全に落ちて辺りは真っ暗。コース上は煌々と照明を当ててくれているのかと思いきや、要所要所に誘導灯程度の明かりがあるだけで、場所によっては本当に足元も見えない様な暗闇でした。

ここまで暗いとペース感覚がかなり狂ってしまい、結構なストレスです。

で、右のふくらはぎがピキピキ言い始めました。ぼくはいままでレース中に脚を攣ったことがないのですが、これはいよいよ初めてのレース中脚攣りを覚悟。

しかし、意識的に左脚の足蹴りを意識する様にして何とか右脚を温存しつつ、最後は全然前に進まない脚をジタバタさせて何とかゴールに滑り込みました。

16Km〜21Kmラップ

4:34 - 4:42 - 4:40 - 4:45 - 4:53 - 4:23

 

トータルタイム

1:36:39

 

Garminの計測だと距離は 20.97Km とちょっと足らず。まあコース取りが上手かったということにしましょう。(実際連続するカーブではかなり最短距離意識して走ってました。)

 

------------

 

というわけで、4:30/Kmペースは7キロ過ぎで脱落してしまいましたが、この時期、このコンディションでこのタイムで走れたのは正直予想以上でした。

例年、夏場はかなり練習をサボってしまうのですが、こういうレースを入れることでモチベーション維持にはかなり効果があることを実感。

7月、8月は更に気温が高くきついレースになりそうですが、続けて出てみようかなと思案中です。

 

 

そして。。。

 

このレースが、我が愛機 Garmin Forerunner 235(通称ガミちゃん)のラストランとなりました。

理由は…今週末くらいには明らかにできると思います。

 


f:id:shirokuma-papa:20170612223912j:image